■■雑音怪人ファイル■■

>>>NOIZE MONSTERS FILE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

雑音怪奇ファイルpart10

異星人やUFOを題材にした映画はこれまでにも世界中で多数製作されてきました。
スーパーマンから始まり未知との遭遇や、ET、エイリアンにプレデター、インデペンデンスデイに宇宙戦争等など。
でもそのどれもが信憑性には欠けるSFアクションや夢のある娯楽作品ばかり。
ところが2009年、これは実際に起きた事件映像と再現映像で作られたドキュメンタリーです、との衝撃的な振れ込みで世間を騒がせた映画がありました。
The_Fourth_Kind.jpg
THE 4TH KINDは2000年10月に実際に起きた事件映像と被害者である心理学者のアビゲイル・タイラー博士のインタビュー映像をもとに、当時の模様を再現映像で綴った作品です。
タイトルは第4種接近遭遇と言う意味で、異星人との接近遭遇の分類を意味します。
第1種はUFOの目撃、第2種はUFOからの影響、第3種は搭乗員との接触、そして第4種は彼らからの誘拐や捕獲、拘束、インプラント等を意味します。
ストーリーはアラスカ州ノームで複数の不眠症患者を診察に訪れたタイラー博士のお話。
img_1.jpg
複数の患者に同じ様な夢を見ていると言う共通点が判明し催眠療法で夢の正体を突き止めようとします。
そんな中、患者が帰宅後、家族を人質に立てこもる事件が起きてしまいました。
彼は「夢で何をされたか思い出した」と言い残し無理心中をはかります。
t02200124_0320018012992701112.jpg
その夜、タイラー博士は診察に使用していたボイスレコーダーのスイッチを入れたまま就寝してしまいます。
翌日、身に覚えのない自身の奇妙な叫び声と言葉が録音されている事に気付きました。
タイラー博士の依頼を受けた言語学者が録音されていた言葉を解読した結果、シュメール語である事が判明。
その翌日、催眠療法を受けに来た患者が突如絶叫し、体が中に浮かび上がり、脊髄が3本捻じ曲がり、骨折、全身麻痺となってしまう事件が起こってしまいます。
screamer.jpg
この事件をきっかけにタイラー博士は厳重な複数の警官監視のもと、自宅謹慎となってしまいました。
ところがその夜、彼女の娘のアシュリーが出入りの出来ない状況下の自宅内から、忽然と姿を消してしまったのです。
その時、外で監視中だった警官とパトカーのドライブレコーダーには、彼女の自宅上に現れた巨大な黒い円盤を映し出していました。
Screen shot 2010-12-20 at 12_27_55 PM
翌日娘を取り返す術を探るべく、自身に催眠療法をかけてもらったタイラー博士は、他の患者同様に錯乱。
4th480.jpg
記録ビデオには彼女の口から発せられるシュメール語による戦慄のメッセージが残されていました。
とにかく筆者が記憶する今まで見て来た宇宙人関連映画の中では指折りの衝撃映像であります。
だって宙に浮かびながら絶叫する患者や、自宅上空に現れた黒い円盤等、当時の実際の映像と言う事で紹介されていますからね。
ところでこの映画に登場したシュメール人とはいったいどのような人種だったのでしょうか?
1877年、フランス隊にてシュメール遺跡の発掘調査が開始され、以後、彼らの謎が徐々に世に知らされるようになっていきました。
shumer_4.jpg
時は紀元前5000年頃、チグリスとユーフラテス川沿岸にウバイド人と呼ばれる農耕民族が住み着きました。
彼らはその後、1000年以上もその地に住み着きメソポタミア文明の基礎を作り上げました。
ただ、文字を持っておらず詳しい記録を残す事はありませんでした。
ところが紀元前3800年頃、突如として現れたシュメール人により、メソポタミアは前例のない急速な大繁栄を記録する事となります。
政治権力が打ち立てられ、美術、建築、宗教、社会機構や日常習慣、文字や言語の発達、船や戦車等の兵器に至るまで開発していきました。
銅とスズを混ぜ合わせ青銅を作る合金技術や、白内障の白濁部分を除去する手術方法をはじめとする医療技術、労働者と失業者を保護する法律や、陪審員を取り入れた裁判制度、中でも天文学に関しては驚異的なものがありました。
60進法を基本とする数学を確立し、月の満ち欠けで年月を図る世界最古の暦を持っていたのです。
この暦は日食、月食のタイミングをはじめ、様々な惑星の動きまで事細かに予測できたとされています。
地球の地軸が25920年かかって円を描くという歳差運動の周期すら知っていました。
メソポタミアの地に登場してから2000年程度でどうしてこの様な技術や文化、データを築き上げたのか、何を手本にしていたのか、古代史最大の謎と言われています。
そんなシュメール人を描いたとされる像はどれも背が高く、大きく彫の深い目、鼻が高く、巻き毛で髭面と、周辺民族と類似性が見られず、とても特徴的であります。
135913081255313113569_sumer01.jpg w02_sumeru.jpg img_1602843_51352921_3.jpg
そしてどこからやって来たのか、いくら発掘を重ねても、それ以前の遺跡や、文明の存在が見当たりません。
遺跡からは楔形文字で書かれた多数の粘土板が発掘されました。
ebb5924a4efa16ec39607c7b6e2af58d.jpg 200px-Sumerian_26th_c_Adab.jpg clip_image006.jpg 240px-Map_Umma_Louvre_AO5677.jpg k2n04.jpg
その後、この膨大な粘土板に書かれた文献を調査し、シュメール人の謎を解読したと言う人が現れました。
いったい粘土板にはどのようなメッセージが記されていたのでしょうか?
自らをウンサンギガ(混ざり合わされた者)と呼び、その土地をキエンギ(君主達の地)と呼んでいたシュメール人。
誰と混ざり合わされたのか?
そして誰を君主と呼んでいたのか?
現代人にまで忍び寄るシュメール人の魔の手。
考古学者インディージョーンズを夢見るあなただけ追記をご覧ください。 [雑音怪奇ファイルpart10]の続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2014/09/14(日) 17:04:54|
  2. ufouma
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雑音怪奇ファイルpart9

お待たせしました雑音怪奇ファイル2010。
そんなこんなで今年もより一層危険極まりない禁断の裏世界について暴露して行きたいと意気込んでおりますよ。
はてさてだったら今日はどんなUFOネタが飛び出すのか?
マルか三角か、それとも四角か?
いや葉巻だ…!?
そうです。
本日紹介するのは葉巻型。
円盤型UFOの巨大母船と言われている葉巻型UFOと呼ばれる代物でございます。
早速それがどんな物なのか御覧いただきましょう。
画像はこちら。
cylinder1.jpg
これはイタリアのネクサス紙に掲載された土星の輪に写りこんだ謎の黒い飛行物体の写真でございます。
紙面ではこの物体を土星上空を飛行する巨大な葉巻型宇宙母船の映像だととんでもない発表をしております。
実はこの葉巻型UFOと呼ばれる物体は歴史上数多く目撃撮影されていて、属に言う円盤と呼ばれる小型UFOの母船だと言われているんですねぇ。
さあとうとう奴らの母船にまで辿り着いてしまいました雑音怪奇ファイル。
果たして母船には本当に円盤がウジャウジャ収納されているのか?
ではここで人々に目撃されて来たこの葉巻型UFOにはどんな物があるのか?
その歴史についてちょっと触れてみましょう。
cylinder2.jpg
これは1870年ワシントン山脈頂上の雲層郡を撮影した航空写真である。
葉巻型の黒い物体が映り込んでいるのが解る。
これが最も古いと言われている葉巻型UFOと思われる物体の写真である。
cylinder8.jpg
cylinder9.jpg
cylinder10.jpg
cylinder11.jpg
これは1955年に発行されたUFOコンタクティー、ジョージアダムスキーの著書INSIDE THE SPACE SHIPに掲載された葉巻型UFOとそこから飛び立つ小型UFOの連続写真である。
1952年1月アダムスキー本人により撮影されたもの。
アダムスキーはこれを直径45m全長600mもの金星母船で、これに乗り込んで彼らと金星まで行ったと語っております
cylinder6.jpg cylinder7.jpg cylinder.jpg
これは1967年7月3日アメリカロードアイランドでジョージフェリエールと言う人物により撮影された葉巻型母船とそこから発進する小型円盤の連続写真である。
アダムスキーの撮影した物と酷似している。
cylinder4.jpg
これは1982年4月、日本は神奈川県厚着基地上空に現われた葉巻型UFOの写真。
米軍基地撮影中の写真マニアが撮影した。
cylinder5.jpg
これは1988年に打ち上げられた旧ソビエトの火星探査機フォボス2号が交信途絶直前に送信してきた葉巻型母船の赤外線映像である。
モスクワ関係者は長さが20km位と想定している。
左上の写真は1951年3月5日米国カリフォルニア州にてジョージアダムスキーが撮影した物
だが、やはり形状が良く似ているのがわかる。
cylinder3.jpg
これは2000年スペースシャトルアトランティス106ミッションで撮影された葉巻型UFO。
9月10日アトランティスとステーションのドッキング過程に12秒間映り込んだと言われている。
cylinder12.jpg
これは2004年4月NASAの火星探査機スピリットローバーがボンネビルクレーター手前で撮影したもの。
60000km空の彼方を横切る葉巻型UFOだと発表された。
探索車スピリットは火星の地表を撮影する物でありそこに異常な動きが無い限り上空にカメラを向ける事等有り得無いと言う。
これらの巨大な葉巻型未確認飛行物体は一体誰の手によりどんな目的の為やってくるのか?
今回はこの葉巻型UFOの謎に迫ります。
世の中の謎や、答えとは、近づく事は出来ても、辿り着く事はなかなかできないものであります。 [雑音怪奇ファイルpart9]の続きを読む
  1. 2010/01/25(月) 17:23:19|
  2. ufouma
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

雑音怪奇ファイルpart8

未確認飛行物体の実態を調査、報告し続ける雑音怪奇ファイル。
今回は世界のUFO目撃談の中でも近年特に数多くの証言があるデルタ型UFOにスポットを当ててみよう。
デルタ型UFOとは、読んで字の如く三角形の黒い未確認飛行物体で、各頂点と中心を含む4箇所に丸いライトが付いている物が世界各国で撮影、目撃されている。
これは雑音怪奇ファイルpart2でも紹介した1989年暮れからベルギーで1万人以上の人々に目撃された代表的な形をしたデルタ型UFOの画像。
delta.jpg
これは1995年にイギリスで目撃された同じ形態のデルタ型UFOの画像。
delta2.jpg
これは2001年に西イングランドの森の中でかなり近距離で撮影されたデルタ型UFOの貴重な画像。
del.jpg
これらは一体何処からやって来て何を目的としているのか?
今回はこのデルタ型UFOの実態に迫ってみよう。
実は人類の航空機史上、これらのUFO形体と類似する航空機は多数開発されている。
機体と翼が一体になったタイプの航空機で全翼機とか無尾翼機と呼ばれる物である。
ではここで世界の全翼機、無尾翼機の歴史について少し触れてみよう。
これは1938年ドイツのホルテン兄弟により設計製作されたH-parabolaと呼ばれる全翼機。
del3.jpg
1941年には同兄弟によりH-IXと呼ばれる時速1000kmを越える全翼ジェット戦闘機が開発されている。
del5.jpg
驚くべきその機体構造は、鋼管フレームに接着剤でベニヤ板を貼り、機体表面に炭素粉を塗装する事でレーダーの反射を防いだ世界初のステルス戦闘機である。
同年アメリカNORTHROP社ではN-1Mと呼ばれる全翼機が開発された。
del8.jpg
1946年には同社にてXB-35と呼ばれる無尾翼レシプロエンジン重爆撃機が開発されている。
del11.jpg
後に推進装置をジェット化したYB-49と言う発展型も製作された。
del16.jpg
これらの無尾翼機及び、全翼機は1947年にケネスアーノルド氏が目撃した、後にUFOの語源となる三日月型の未確認航空機と何故か酷似している。
kenes.jpg
1981年にはロッキード社がアメリカ空軍の為にF-117ステルス対地攻撃機を開発している。
del17.jpg
世界初の実用ステルス機として湾岸戦争等で使用された。
1987年マクドネル・ダグラス社とゼネラル・ダイナミクス社がアメリカ海軍向けにステルス艦上攻撃機A-12アベンジャーⅡを開発している。
del20.jpg
完全なるデルタ型航空機である。
1989年にはNORTHROP社がアメリカ空軍のステルス戦略爆撃機B-2スピリットを開発している。
del25.jpg
B-2の開発は1978年から行われていたが1988年に想像図が公表されるまでATB(先進技術爆撃機)と呼ばれる計画名のみで米空軍上層部ですら開発は超極秘プロジェクトとして扱われていた。
実際B-2発表後無尾翼型の新型ステルス機に関する開発計画は今だ発表されていないが、冒頭登場したデルタ型UFOの出現と、これら無尾翼型ステルス機の極秘開発には何か関係があるのだろうか?
実は1990年3月にアベーションウィーク&スペーステクノロジー誌がこれらに関すると思われる気になるニュースを報じている。
その内容は、「オーロラ計画」という名称でアメリカ合衆国の予算申請が1985年に行われていると言う物であった。
予算申請は、1987年のアメリカ合衆国会計年度にBLACK AIRCRAFT PRODUCTION(黒い航空機計画)として45500万USドルが調達されると言う内容であった。
尚、それは次世代軍用機の為の研究開発ではなく、実機の開発や製作に至るものである事も分かった。
はたしてアメリカ軍が極秘開発を進めていると思われる三角形の黒い機体に関する極秘プロジェクト「オーロラ計画」と世界各国で多発するデルタ型UFOとの関係はいかに!?
ブラックボックスの向こう側、真実の蓋を開けるのはマウスを握り締めている君だ。 [雑音怪奇ファイルpart8]の続きを読む
  1. 2009/07/14(火) 11:32:09|
  2. ufouma
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雑音怪奇ファイルpart7

何でUFO事件の事ばっか書くんだって?
ロックと一緒で夢があるからだよ。
独自の解釈でUFO事件とロックンロールの神秘を探るダーティー森山です。
今回は世界的にもUFO目撃情報がやたらと多い国、メキシコにスポットを当ててみました。
時は1999年3月。
それはこれまで目撃されたUFOとは違う別の何かが何処からとも無く現われた。
メキシコシティー北東へ45kmの地点にあるテオティワカン遺跡の「太陽のピラミッド」で行われた春分に日の儀式の際に、この事件は起こった。
記念すべき日に参加した4000人近くの人々の頭上を、どう見ても人の形をした謎の黒い物体がユラユラと浮遊していたのだ。
驚く人々を他所に、その物体は次第に地上へ向けて滑空し、やがてゆっくりと上空へ上昇、遠く彼方へ飛び去ってしまったと言う。
この奇怪な事件は新聞等に報道され一躍脚光を浴びた。
kaijin7-1.jpg
その後、メキシコでは同様の目撃事件、情報、撮影者が多発。
そんな中、この謎の人型飛行物体に人が襲われると言う前代未聞のとんでもない事件まで発生した。
2004年1月16日メキシコ、グアダルーペ署の警察官レオナルド・サマニエゴ氏が深夜パトカーで巡回中、黒い人型飛行物体に遭遇。
パトカー上空から幾度に渡って襲われたと駆けつけた救急車の中で震えながら地元TVのインタビューに答えた。
この状況は後にニュースで放送され人々に恐怖と衝撃を与えた。
kaijin7-2.jpg
事件後の検査では薬物による反応も出ておらず、真面目で好青年の彼が嘘をついたとも考えられないと言う。
はたしてこれらの人型飛行物体は一体何なのか?
そして何処からやって来たのか?
今回の雑音怪奇ファイル。
未だメキシコ上空で頻繁に目撃され、その正体が暴かれていない謎の人型飛行物体「フライングヒューマノイド」の真実を暴きます。
トワイライトゾーンの扉を開くのはマウスを握り締めている君だ。 [雑音怪奇ファイルpart7]の続きを読む
  1. 2009/04/22(水) 16:58:04|
  2. ufouma
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雑音怪奇ファイルpart6

世界の経済不況と共に次世代エネルギーの開発が進む昨今、皆さんはいかがお過ごしでしょうか?
ホンダが200万円以下のハイブリッドカーを発売すると言ったらトヨタも年内中に発売するそうで、出来るならもっと早くやれよとプリウスオーナーの怒りが聞えてくる今日この頃。
未確認不良中年ダーティー森山です。
これまで地球製UFOと地球外生命体の存在有無について研究報告をして来た雑音怪奇ファイル。
ところで皆さんはこのような飛行物体を御存知でしょうか?
dr1.jpg
これは2007年にアメリカ、カリフォルニア州を中心に次々と目撃されたドローンと呼ばれる飛行物体であります。
これまで世界中で撮影されて来た円盤と呼ばれるUFO画像とは異なり、SF映画のスクリーンから飛び出したかの様なその異質な形状、操縦士の乗るスペースや推進装置らしき物がどこにも見当たらない事、鮮明な画質等、過去類の無い謎の飛行物体であります。
はたしてこれは一体何処からやって来たのか?
そして一体誰の仕業なのか?
今回の雑音怪奇ファイル。
この異常飛行物体ドローンの謎と真実に迫ります。
事態は2007年4月アメリカ。
ある夫婦がハイキングへ出かけた時、これまで発見された事の無いようなあまりに奇妙でかつ不気味な飛行物体を偶然目撃してしまったところから始まります。
最初の1枚は携帯電話のカメラで撮影したため、あまり鮮明な画像ではありませんでしたが、この事を家に帰ってから友人に話したところ、友人が興味を持ち、再度同じ場所へ出かけたら、まだ航空機はそこに存在していたので、鮮明な写真を撮影することができたそうです。
dr2.jpg dr3.jpg dr4.jpg
翼と思しき所には何やら文字のようなものが描かれていますが、見慣れた文字ではなく判別はできそうにありません。
この夫婦と友人は身の安全のため、真実が分かるまでこの写真をどこで撮影したのか明かさないつもりだと言う事です。
続いて同年5月5日アメリカ、カリフォルニア州とネバダ州の境にあるタホー湖近くである夫婦が同じ様な飛行物体を発見。
カメラ付き携帯で撮影した写真をMUFON (Mutual UFO Network)へ投稿しました。
dr5.jpg
飛行物体はゆっくりかつスムーズに空中を移動していましたが、鋭く方向転換を行う等、考えられない動きをする事もあったそうです。
そして常識的に思い浮かべるような飛行音ではなく、周囲の空気が振動するかのようなかすかな音がするだけだったと撮影者は話しています。
今度は同年5月16日、アメリカ、カリフォルニア州カピトラで、またもや同じ様な飛行物体が複数の住民に目撃されました。
dr6.jpg dr7.jpg dr8.jpg
撮影者の話では目立った飛行音等はなく、約8mくらいの低空から30mくらいに高度を変えながら飛行していたと言います。
奇妙なのは、見た目は良く似ているものの、他の目撃例で撮影された物体とは毎回微妙に構造が異なることです。
同じであると判断できるのは、記号の書かれている一番長い主翼と、上空へと向かって伸びているパイプ状の部分だけで、その他の翼は長さや配置が異なり、ベースと見られる中央の丸い部分にも構造の違いが認められます。
さらに同年6月5日、アメリカ、カリフォルニア州サラトガ、ビッグベイジンで、またもや不気味な飛行物体が写真に撮られました。
dr9.jpg dr10.jpg
これが冒頭で紹介した写真の飛行物体で過去の物に比べると遥かに形態が複雑になって来ております。
撮影者の話では、この物体は短時間ゆっくりとした動きで浮遊していたが、次の瞬間、忽然と消えてしまったと言います。
このようにこれらの飛行体は頭上に忽然と現れ、いつの間にかドロンと姿を消す事から「Drone(ドローン)」や「Strange Claft(ストレンジクラフト)」と呼ばれています。
その後、この飛行体の遠隔装置と思われる物の画像まで撮影されました。
dr11.jpg
しかしながら事件直後からnet上でこれらの飛行物体と同じ形状のCG動画が数多く流出された為、現在ではCG写真による偽物ではないかと言われています。
ところが…最後に撮影された時と同じく2007年6月。
ISSACと名乗る匿名の人物が、ロサンゼルスの深夜ラジオ番組「Coast to Coast AM」に最近の異常な飛行物体の目撃情報に関する説明とそれに関わる軍研究施設の内部資料を投稿して来ると言う怪事件が起こりました。
はたしてこのISSACと名乗る男と飛行物体との関係はいかに!?
真実を知りたいと思うあなただけ追記を御覧下さい。 [雑音怪奇ファイルpart6]の続きを読む
  1. 2009/02/14(土) 12:03:14|
  2. ufouma
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
次のページ

プロフィール

DIRTY●GUITAR

Author:DIRTY●GUITAR
ダーティーヌンチャク気違いギターボルテージ、ダーティーギター様による衝撃の暴言活劇「雑音怪人ファイル」。
彼を取り巻く様々な人間模様とロックンロールの彼方に迫る大スペクタクルロマン。
立ち上がれ日本人よ!
我がダーティーヌンチャクと共に…

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。