■■雑音怪人ファイル■■

>>>NOIZE MONSTERS FILE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

漢の名はアキラ●ロドリゲス

boot the beatsがあうん堂でとあるライブの時、真空逆支弁と言うギターとドラムスの2人組ハードコアバンドが対バンで出演していた。
ギターは某クリーニング店社長ササキ氏。
ドラムはダーティー掲示板やライブにもちょくちょく顔を出していたファミリーゼンツーの友人アキラ。
ササキ社長のメタルゾーンサウンドに濁声全開のドラムボーカルアキラ。
演奏開始早々何をやっているのかさっぱりわからない。
おまけに客を茶化しまくるアキラのMCと福笑いにもならない社長のふざけた腹の立つ面。
大波の後のごとく客がドン引きして行くのが手に取るようにわかる最悪の展開。
とうとう痺れを切らしたあうん堂ホールスタッフが演奏を中断させようと両手を挙げて2人に襲いかかった…が、アキラの歌も社長のギターも更に輪をかけて止まらない。
結局止めに入ったスタッフとドン引きした客を目の前に彼らはライブを最後までフルスイングでぶっちぎった。
流石の俺も久しぶりに目を覆いたくなるような悲惨なライブだった。
その後、ビーツでの打ち上げで説教をたれたが当の本人達はゲラゲラ笑いっぱなしで反省するどころか悪ふざけがエスカレートして行くだけだった。
正直…楽しいね。
こう言う連中がいると言う事は。
ほんのちょっと修正すると殺傷能力のある兵器に改造できる人材だ。
だがしかし残念ながらその後彼らは解散してしまいました。
カンフーからの脱退発言後。
俺の脳裏にあったのはこの真空逆支弁のドラムス、アキラだった。
雑音暴力開発工場へピットインしてもらう事で泣く子も黙るロックンロールウェポンに改造できると踏んでいた。
アキラとビーツで密会した夜。
返事はもちろん「喜んで」だった。
数日後、ベースヌンチャクからの返事は「やってみなけりゃわからない」だった。
その答えは神のみぞ知る。
ハラダとの札幌遠征終了後、アキラのスパルタドラムスクールは始まった。
1ヶ月半の時が過ぎた2006/4/18。
大阪のビートポップコンボTHE NEAT BEATSがツアーでやって来る。
主催はルーキー久保氏率いるLOVE PILLS。
駄目元でダーティーの出演をお願いしたところ快く引き受けてくれた。
THE SHOTでドラムを叩いていたナベとベースのタカシ率いるJENNY G.THE CLOCKSとも初対バンであった。
この日、漢の初舞台が決まった。
アキラ●ロドリゲスの旋律デビューである。
敵に不足は無い。
ドラムカンフーと同じように黒のつなぎにキャッツアイ、白いスカーフと言ういでたちでステージに上がった。
だがしかし、ステージ上での我がバンドの雑音振りとアイコンタクトが不能だと言う異常自体に見事完敗したと思われる。
反省点は次なるステップへ繋がるさ。
本当の意味でのアキラ●ロドリゲス誕生はまだまだ先のものとなった。 [漢の名はアキラ●ロドリゲス]の続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2007/05/08(火) 21:45:47|
  2. livelepo
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

プロフィール

DIRTY●GUITAR

Author:DIRTY●GUITAR
ダーティーヌンチャク気違いギターボルテージ、ダーティーギター様による衝撃の暴言活劇「雑音怪人ファイル」。
彼を取り巻く様々な人間模様とロックンロールの彼方に迫る大スペクタクルロマン。
立ち上がれ日本人よ!
我がダーティーヌンチャクと共に…

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。