■■雑音怪人ファイル■■

>>>NOIZE MONSTERS FILE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

亀田本町残酷物語

2007/4/22PUBTHEBEATSを会場に番格ロックの夕べが帰って来た。
亀田本町エレキ合戦とタイトルされたこのイベントに2006/2/26札幌スピリチュアルラウンジで対バンしたイタリヤギターがマツボックリマンtheギネスなるバンドを引き連れてやって来た。
函館からはJennyG.TheClocksとチーム枯葉を導入。
リハーサル中、裏の親父がいち早く馬鹿デカファズサウンドに怒りを露わにしたのはイタリヤギターだった。
そんないつものセオリーをサラリとこなし、本番スタート。
天然パフォーマンス振りがパンクバンドよりパンクなチーム枯葉のステージが終ると謎の4人組マツボックリマンtheギネスの演奏が始まった。
SUNNのヘッドにグヤトーンのギターでファズサウンド大全開。
サブギターがシルバートーンとかなりのビザールマニアである。
そんな最中、ベースの男が楽器を置いて手拍子と高笑いをしながら外へ飛び出して行ってしまった!
訳のわからない日本語を連呼するカワウソみたいな気色の悪い動きをする小さなボーカルの男。
その時、俺の隣にいたaraさんが「あいつマツヤに似てるな…」と呟いた。
ん…似てるかも。
ダーティーヌンチャクに誹謗中傷を叩き続け見事な爆笑ライブは終了した。
先程疑問に上がったマツヤ似の彼に早速質問をすると、彼は照れながらリーダーのマツボックリマンでrangsteenマツヤの弟である事を暴露した。
ギターのヨシキは片足の皿が割れた状態のままでのライブだった様だ。
とにかく4人全員キャラ立ち過ぎの恐ろしく変なバンドだった。
その後、ジェニージーのライブが終了し、イタリヤギターの演奏が始まった。
イタリヤの皆さんはえらくビーツの雰囲気を気に入っていた様だった。
その静寂で平和な亀田本町の雰囲気を彼女達のファズサウンドがドロドロと壊していった。
そしてトリのダーティーが必殺の殺人ギターでとどめをさした。
裏の一家はゲルマニウムな怪電波に魘されながら眠れぬ長い夜を送った事だろう。 [亀田本町残酷物語]の続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2008/02/20(水) 17:48:51|
  2. livelepo
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

DIRTY●GUITAR

Author:DIRTY●GUITAR
ダーティーヌンチャク気違いギターボルテージ、ダーティーギター様による衝撃の暴言活劇「雑音怪人ファイル」。
彼を取り巻く様々な人間模様とロックンロールの彼方に迫る大スペクタクルロマン。
立ち上がれ日本人よ!
我がダーティーヌンチャクと共に…

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。