■■雑音怪人ファイル■■

>>>NOIZE MONSTERS FILE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

銀河鉄道の夜

銀河鉄道に乗ってベースヌンチャクが辿り着いたのは宇宙の果てのロボット診療所。
そこで先生にお願いした。
「この先もライブは続くので機械の踵にしてください」
ギブスと包帯は踵から脹脛にかけてカモシカの如く可能な限りスリムに巻き付けられた。
革パンは何の障害も無く今まで通り履く事ができた。
人間の時の数百倍の破壊力があるから使用には充分注意してください。
2007/6/3ロデオキャブレターが函館ベイシティーへやって来る。
岩をも砕く踵落しを試すにはもってこいのイベントだ。
函館からはベースヌンチャク救護部隊としてアクティブエーにサンジェゴ、そしてスパイキーの3組が動員された。
そして当日ダーティーヌンチャクの出番はやって来た。
機械の踵を引き摺りながら一番星ブルースをバックに世界のベースヌンチャクはみんなの前に現れた。
間髪入れずにライブはスタート。
ママとダディーのポマードではいつもの如く度が過ぎる位の溜めを披露。
痺れをきらした俺様は踵の事等、気にする事も無く横から思いっきりドロップキックをお見舞い。
そのまま袖下へ不様に転がり落ちていく殿様。
次の瞬間、踵がどうのと言いながら彼は普通に戻って来た。
案外大丈夫じゃないか。
その後は万が一の為に用意していた椅子に座る事も無いままラストまでライブを全力で突き通した。
彼は漢の生き様をまざまざと世界へ見せ付けた。
毎回交通事故の様なライブを死傷者が出ない程度にこなし続けるダーティーヌンチャク。
その後ロデオキャブレターのピースフルで安定したライブが何事も無かったかの様に行われた。 [銀河鉄道の夜]の続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2008/03/25(火) 17:26:12|
  2. livelepo
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10
次のページ

プロフィール

DIRTY●GUITAR

Author:DIRTY●GUITAR
ダーティーヌンチャク気違いギターボルテージ、ダーティーギター様による衝撃の暴言活劇「雑音怪人ファイル」。
彼を取り巻く様々な人間模様とロックンロールの彼方に迫る大スペクタクルロマン。
立ち上がれ日本人よ!
我がダーティーヌンチャクと共に…

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。