■■雑音怪人ファイル■■

>>>NOIZE MONSTERS FILE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

凍て付く深夜の大暴走

2008年4月。
ある組織から依頼され仙台の某ラーメン店へ潜入し、百万ドルのレシピを盗むミッションに失敗したara氏が命からがら函館へ逃げ帰って来た。
組織から足を洗った翌月の5月中旬。
そんな彼から愛車のベスパが腐り果ててきた為、塗装できるかどうか見てほしいと相談を持ちかけられた。
その夜早速工場へ呼び出し夢と希望と悩みを語る彼の話に耳を傾けながらとりあえずサーフェ―サーをそそくさと吹き終えてしまった。
腐ったボディーのスカートはコーンフレークの様にサクサクと崩れ落ちた。
腐食部分の溶接作業をヤスさんへ相談したが錆に溶接は出来ませんと落ち着いて考えればよく解かる正論で断られていた。
金がないなら強度は抜きに見た目だけでも新品の様にしてやろうじゃないか…と結局崩れ落ちたスカートの腐食部分は錆変換剤を塗り込み後、アルミパテをテンコ盛りにして密封した。
その後1週2回のペースで夜な夜な4時間程度作業を進め、先週やっとボディーの塗装が完了した。
真っ赤に染まった塗料には彼の血液と魂が混入された。
20080619_425931.jpg

ユキヒロ、ビビった36の春。
ちなみに血液は一滴たりとも滴り落ちる事はなかったのでカッターの刃先についた肉片をちょびっと混ぜただけで勘弁してやった(kissはコミック発売時注射器で一人200cc近くの血液を赤インクに混ぜていた)。
その裏側で谷地頭の赤軍残党少年ランブレッタユッキは昨年末から数回抱きつきをおこし続けていたベスパをフルチューンエンジンに乗せ替えようと企んでいた。
その為先週末東京からエンジニアーとしてアランチャータ近藤氏が函館へ降り立った。
空港裏の公園で作業し目の前の小道でユッキの仕上がったラクダ色のベスパとara氏の真っ赤なPがゼロヨン勝負をした。
携帯動画を見ると大差でユッキのラクダがブッちぎっていた。
ara氏曰く「速いよ」との事。
ユッキは昨年11月の抱きつき事件から悩む頭を薄くして今日の日を待ち望んでいた。
早速恵山まで我車両とリベンジしようではないか。
2008年6月18日北海道函館。
6月とは言え夜はやはり冷え込む。
日吉の倉庫に到着すると50のベスパで乗り付けたara氏の姿があった。
恵山まで暴走する事実を知った彼は紅のPに乗り換える事を決断した。
俺とara氏は宇賀裏へ。
ユッキとは湯の川で待ち合わせる事にした。
宇賀裏へ向かう途中俺の車両のタコメーターが止まっている事に気付いた。
到着後ケーブルが外れていた為、復旧作業を開始。
その後ろでウインカーの調子が悪いとara氏も工具箱を引っ張り出し何やら作業を始め出した。
この後のトラブルを予感させる不吉なスタートを切った。 [凍て付く深夜の大暴走]の続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2008/06/19(木) 21:55:58|
  2. motorcycle
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

プロフィール

DIRTY●GUITAR

Author:DIRTY●GUITAR
ダーティーヌンチャク気違いギターボルテージ、ダーティーギター様による衝撃の暴言活劇「雑音怪人ファイル」。
彼を取り巻く様々な人間模様とロックンロールの彼方に迫る大スペクタクルロマン。
立ち上がれ日本人よ!
我がダーティーヌンチャクと共に…

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。