■■雑音怪人ファイル■■

>>>NOIZE MONSTERS FILE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

雑音怪奇ファイル

スーパージェッターが乗る流星号。
仮面ライダーが乗るサイクロン号。
キカイダーが乗るサイドマシン。
バットマンが乗るバットモービル。
子供の頃夢中だった僕等のヒーローはスーパーマシンに乗ってやって来た。
そんな子供達とは裏腹に、大人達は矢追純一氏がディレクターを務める水曜スペシャルのUFO特番に釘付けだった。
彼曰く宇宙人はUFOと呼ばれるスーパーマシンに乗ってやって来ると言うのだ。
さてここで皆さんはこのUFOと言う言葉から何を想像するでしょうか?
たいていは矢追純一さんの影響で宇宙人の乗り物と考えてしまうかもしれませんがそれが全てではありません。
平成の超常現象研究家わたくしダーティー森山からやさしく説明させてもらいますとこの言葉はUnknown Flying Objectの略。
意味は未確認飛行物体、つまり正体不明の飛行物体全般を意味します。
宇宙人の乗り物だけを意味するものでは無いのです。
さてここで登場したこの宇宙人とUFOとは一体なんなのか?
本日は人類史上もっとも触れてはいけないこのエキサイティングな話題について「仕事してるんですか?」とか「どんな私生活を送っているんですか?」とか「人ですか?」とかよく質問されるわたくしから報告の許されている範囲内だけ説明をさせていただきましょう。
UFOや宇宙人の歴史は古くキリスト誕生の頃から絵画として空飛ぶ円盤や光り輝く人型の生き物が描かれています。
人が目撃をした最初の証言は1947年アメリカアイダホ州の消防設備会社のオーナー、ケネスアーノルド氏の体験した事件がきっかけでした。
6月24日、彼は自家用飛行機でワシントン州カスケード山脈上空を飛行中、9機の光る飛行球体と遭遇。
その報告を受けた通信社がこれらの物体をソーサー(円盤)と報道し、その呼び名が世界中に知れ渡ったのであります。
そして同年7月4日、今度はニューメキシコ州ロズウェルに光り輝く物体が墜落。
翌朝ロズウェルから120km離れたフォスター牧場で管理人が多量の金属片の様な物が散乱しているのを発見。
7日の晩、破片の一部を郡保安事務所へ届け出すと、保安官はロズウェル陸軍航空基地に通報。
翌日8日ロズウェル陸軍航空基地が空飛ぶ円盤の残骸を回収したと世間に公式発表。
この騒ぎは各地の有力新聞が取り上げAP通信により海外にも知れ渡ったのであります。
ところがこの発表から僅か数時間後、軍は円盤を回収したと言うのは誤報であり墜落したのは気象観測用の気球だったと前の発言を撤回したのでした。
これが、かの有名なロズウェル事件です。
その後、現地人の話では200kmほど離れた場所に墜落現場がもう一ヶ所あり、そこにはUFOの残骸の他、4体の宇宙人の遺体も回収されたと言う。
この話はその後、1996年に日本でも公開された宇宙人解剖フィルムへとつながります。
フィルムの内容はアメリカ軍がロズウェルに墜落したUFOから回収した異星人の遺体解剖を撮影していたと言う衝撃極まりない物でした。
当時、子供ながらにその得体の知れない生物のグロテスクな解剖映像を震えながら見ていた事を鮮明に覚えています。
他にも宇宙人の仕業だと言われた悪行にアブダクション(地球人誘拐)、インプラント(地球外物質の体内移植)、キャトルミュートゥレーション(家畜の内臓摘出)、ミステリーサークル(畑に突如出没する幾何学模様)、フライングヒューマノイド(人型飛行物体)など等、様々な事件があります。
あなたはこれらの現象を彼らの仕業だと思いますか? [雑音怪奇ファイル]の続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2008/07/31(木) 21:36:44|
  2. ufouma
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

プロフィール

DIRTY●GUITAR

Author:DIRTY●GUITAR
ダーティーヌンチャク気違いギターボルテージ、ダーティーギター様による衝撃の暴言活劇「雑音怪人ファイル」。
彼を取り巻く様々な人間模様とロックンロールの彼方に迫る大スペクタクルロマン。
立ち上がれ日本人よ!
我がダーティーヌンチャクと共に…

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。