■■雑音怪人ファイル■■

>>>NOIZE MONSTERS FILE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

雑音怪奇ファイルpart7

何でUFO事件の事ばっか書くんだって?
ロックと一緒で夢があるからだよ。
独自の解釈でUFO事件とロックンロールの神秘を探るダーティー森山です。
今回は世界的にもUFO目撃情報がやたらと多い国、メキシコにスポットを当ててみました。
時は1999年3月。
それはこれまで目撃されたUFOとは違う別の何かが何処からとも無く現われた。
メキシコシティー北東へ45kmの地点にあるテオティワカン遺跡の「太陽のピラミッド」で行われた春分に日の儀式の際に、この事件は起こった。
記念すべき日に参加した4000人近くの人々の頭上を、どう見ても人の形をした謎の黒い物体がユラユラと浮遊していたのだ。
驚く人々を他所に、その物体は次第に地上へ向けて滑空し、やがてゆっくりと上空へ上昇、遠く彼方へ飛び去ってしまったと言う。
この奇怪な事件は新聞等に報道され一躍脚光を浴びた。
kaijin7-1.jpg
その後、メキシコでは同様の目撃事件、情報、撮影者が多発。
そんな中、この謎の人型飛行物体に人が襲われると言う前代未聞のとんでもない事件まで発生した。
2004年1月16日メキシコ、グアダルーペ署の警察官レオナルド・サマニエゴ氏が深夜パトカーで巡回中、黒い人型飛行物体に遭遇。
パトカー上空から幾度に渡って襲われたと駆けつけた救急車の中で震えながら地元TVのインタビューに答えた。
この状況は後にニュースで放送され人々に恐怖と衝撃を与えた。
kaijin7-2.jpg
事件後の検査では薬物による反応も出ておらず、真面目で好青年の彼が嘘をついたとも考えられないと言う。
はたしてこれらの人型飛行物体は一体何なのか?
そして何処からやって来たのか?
今回の雑音怪奇ファイル。
未だメキシコ上空で頻繁に目撃され、その正体が暴かれていない謎の人型飛行物体「フライングヒューマノイド」の真実を暴きます。
トワイライトゾーンの扉を開くのはマウスを握り締めている君だ。 [雑音怪奇ファイルpart7]の続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2009/04/22(水) 16:58:04|
  2. ufouma
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

DIRTY●GUITAR

Author:DIRTY●GUITAR
ダーティーヌンチャク気違いギターボルテージ、ダーティーギター様による衝撃の暴言活劇「雑音怪人ファイル」。
彼を取り巻く様々な人間模様とロックンロールの彼方に迫る大スペクタクルロマン。
立ち上がれ日本人よ!
我がダーティーヌンチャクと共に…

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。