■■雑音怪人ファイル■■

>>>NOIZE MONSTERS FILE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

サイドマシーン考察

昭和46年、バイクに乗ったスーパーヒーロー「仮面ライダー」が日本のブラウン管に颯爽と登場した。
その2年後の昭和48年、今度はギターを背負いサイドカーに跨ったニューヒーロー「キカイダー」が誕生した。
sidemachin1.jpg
以前もここで紹介したこの人造人間キカイダーに登場するスーパーバイク「サイドマシーン」。
sidemachin3.jpg
仮面ライダーのサイクロン号と比べるとそのリアルさ加減は天地の差だ。
sidemachin2.jpg
現在まで続くバイクヒーローモノで実車に手を加える事無くほぼそのままの状態で番組に採用されたバイクは過去このサイドマシンだけかと思われる。
さてこのサイドマシーンのベース車輌となったのは1969年に川崎重工業が北米で販売を開始した2スト3気筒500ccエンジンのオンロードバイク「500SS MACHⅢ」である。
sidemachin4.jpg
加速性能は0→100m4秒、最高速度は当時の市販車初となる時速200kmを達成したモンスターバイクである。
従来タイヤではパワーに耐え切れずトレッドが剥離、販売の為ダンロップが新しくタイヤを開発したと言う話まである。
操縦性においては前輪過重が軽い事とドラムブレーキが災いして事故が多発、「じゃじゃ馬」や「自殺バイク」の名称まで付けられた。
1976年には排ガス騒音規制の影響を受け、生産終了へと追いやられた。
そんなMACHⅢを東京のサイドカーショップ「大陸モータース」が未来車をイメージしカスタム、コンセプトマシンとして1970年の東京モーターショーへ出品した。
sidemachin5.jpg
KAWASAKI MACHⅢ GT500 SPECIAL SIDECARと名づけられたこの車輌はレーシングサイドカー同様ニーレストに膝を載せるニーラータイプのマシンである。
sidemachin6.jpg
フロントサスペションはアールズフォークを採用した本格レーシング仕様。
アールズフォークとは英国のアールズ氏が考案したサスペションシステムでサイドカーとの相性がよく旧型BMWでは標準仕様車も多かった。
sidemachin7.jpg
当時のモーターショーではこの近未来マシンに人々の注目が集った。
sidemachin8.jpg sidemachin9.jpg sidemachin10.jpg sidemachin11.jpg
この画像は変身前のジローが乗るMACHⅢのサイドカーである。
sidemachin12.jpg
同じくアールズフォーク仕様で側車はサイドマシンとは反対側に付く。
サイドマシーンは元々白だったが番組側で借り受けた後、バイクスタントの担当者がその日の内に黄色のカラーリングとウィングの取り付けを行ってしまった。
sidemachin13.jpg sidemachin14.jpg
当時2台製作されたが1台は撮影終了後ボロボロの状態で川崎重工業へ返却。
もう1台はフレームやボディ、サスペション等の一部が現存しており一般所有者がレストアを行っていると言う。
この2台は500SSの前期型と350SSの後期型に分けられ、後期型は後のキカイダー01のダブルマシーンへ改造された。
sidemachin15.jpg
このサイドマシーンの人気は製作したサイドカーショップ「大陸モータース」亡き現在でもマニアの間では続いており夢を商品化するサイト「たのみこむ」でも過去要望があったくらいだ。
一時ヤフーオークションにも実車レプリカの出品があり話題を呼んだ。
色々調べていたらそんな憧れのサイドマシンに獲り付かれた男達を数名発見してしまいました。
そんなサイドマシーンを今も追いかける男達の話です。 [サイドマシーン考察]の続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2010/12/25(土) 09:22:59|
  2. motorcycle
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

プロフィール

DIRTY●GUITAR

Author:DIRTY●GUITAR
ダーティーヌンチャク気違いギターボルテージ、ダーティーギター様による衝撃の暴言活劇「雑音怪人ファイル」。
彼を取り巻く様々な人間模様とロックンロールの彼方に迫る大スペクタクルロマン。
立ち上がれ日本人よ!
我がダーティーヌンチャクと共に…

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。