■■雑音怪人ファイル■■

>>>NOIZE MONSTERS FILE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

暴走パンティー2007

とあるライブの打ち上げ。
会場はベイシティー。
その日対バンだったサンジェゴベルノブルに弘前へ一緒に遠征行こうよと誘った事があった。
「いーねー」と軽い返事で話がまとまってしまった。
このバンドのフットワークの軽さをとっさに確認できた瞬間である。
2007/5/19弘前マグネット。
2004/3/27青森サンシャインで対バンした頭蓋骨陥没楽団の3rdアルバム「暴走パンティー」レコ発イベントに参加する事となった。
当時主催だったウェイバーも一緒だ。
ダーティー一行はJRで移動し、サンジェゴメンバーはフェリーを利用した。
会場はもと映画館だったらしく、広く、スクリーンも完備されたライブハウスとしては一風変わった空間である。
弘前マグネットのオーナーであり、この日出演するスッポンパワーのリーダー(名前がわからない)に挨拶をし、物販の用意をしようとしたその時、とてつもなく重大な事に気がついた。
その、言うなれば物販と呼ばれる代物一式を海の向こう側の函館の俺の実家の婆様の仏間に忘れてきちゃったのだ。
中には登場SEも入っていた。
どっぷりどころの騒ぎじゃない位の冷や汗が流れ出たのか出ないのか。
メンバーに報告と同時に糞だ味噌だ馬鹿だ死ねだと鼻血とゲロをドバドバ垂らす位の薄汚れた言葉の暴力を浴びせられた。
ベースヌンチャクとアキラはとっさにライブハウスのパソコンを借り、ネットから一番星ブルースのバージョン違いをダウンロード。
彼らのお陰でなんとかSEは用意する事ができた。
更なる追加の罵声を浴びながら己のドエムぶりを身体の芯から実感したところで気分も高揚、本番開始である。
その日のトップはデッドストック。
こんなしっかりしたメロコアバンドが函館にもいたらなあとサンジェゴキヨ氏も感心していたようだ(その後デッドストックはこの繋がりからか函館ベイシティーまでライブに来ている)。
お次は函館サンジェゴベルノブル。
「弘前マグネットだけに磁場が凄い!」と天才的な舌を回すユースケのMCと怒涛のステージング。
頭蓋骨陥没楽団秋元氏も声裏返しながら大絶賛していた。
続いてウェイバー。
いいか悪いか解からんが3年前よりやんちゃぶりに度が過ぎたような…言うなればそんな感じだった。
そしてハウスバンド、スッポンパワー。
結成10年近い大ベテランだけあって物凄い貫禄と安定したステージを見せつけた。
彼らにはない安定感とバランス感覚の悪さを見せてやるぜとお次は我らがダーティーヌンチャクの出番。
現職が白タクと言う信じられない職業を武器に持つ頭蓋骨陥没楽団リアルチンピラベーシストのトムと、察するに現役堅気で無かろう彼のお友達が目の前で狂った様に暴れまくっていた。
「トムは人のライブで騒いだりしねぇからな」と言っていた秋元氏の言葉は何だったのか(汗)?
ライブ終了後、楽屋で着替えていると次出番の頭蓋骨秋元氏が「面白ムービー始まるよー」と訳の解からない事を喋りながらはしゃいでいた。
会場へ出てみるとスクリーンには理髪店で顔に生クリームを塗られながら店長と喧嘩する秋元氏の姿が映し出されていた。
頭蓋骨のメンバー4人がそれぞれ主役に扮した短編お笑いムービーのようだ。
スタンドの洗車マシーンに風呂道具一式持って突入しようとするギタリストとそれを阻止する為戦うスタンド店員や、女子高生を後ろに乗せた自転車でチンピラの車に思い切り追突するチンピラのトムや、愛犬の目の前で川に投身自殺をはかるボーカリスト等、馬鹿にも程がある爆笑映像が満載。
以前、映画「ダーティーライダー寛樹」の上映会に函館まで夫婦で来ていた秋元氏。
多少なりともその時のイベントがアイデアの一部として役に立ったのであればこれ幸いと勝手な思考回路が回る。
そんなこんなで会場の笑いが止まらない中、颯爽と頭蓋骨陥没楽団のメンバーが登場。
彼らのライブがスタートした。
ステージに上がる客の腹に容赦なくボディーブローとキックをお見舞いするボーカルの彼は先程の撮影をこの日の午前中撮って来たと言う正真正銘の大馬鹿者。
その為、いつものステージ用スーツはずぶ濡れで今日は普段着でのライブとなった。
笑いっぱなしのまま全バンドのライブが終了。
後片付けをしているとアキラから小声で「CD欲しいって言われたんですけど無い物はしょうがないですよね…」と、報告されても地団駄踏む位しか手立ての施しようがない報告を受けた。
以後、俺は様々な思いを胸に改心する事を誓った。
だが、そんな俺の気持ちと裏腹に相方のベースヌンチャクが最近痴呆症にかかり始めた。
話を戻すがその後、弘前市街の焼肉屋へ移動し、打ち上げが行われた。
俺の向えには白タクのトム。
その周辺にはトムのお友達と思われる恐ろしい面構えのチンピラオッサン集団。
その恐ろしい顔を目一杯緩ませながら津軽弁でダーティーの事を褒め称えてくれた。
酔うとよくいるただのスケベオジサンだった。
ドラムの秋元氏は翌日駅まで子供を連れて見送りに来てくれた。
最初から最後まで客がいようがいまいがステージの最前列で大声を出し、会場を盛り上げる為一人騒ぎきった漢とその仲間達。
今度は函館人にその心意気を見せてに来てくれ。
翌日、俺は同行した彼女とJRの時間まで弘前城を見学。
その帰り偶然マグネットの前を通ったら頭蓋骨のボーカルが嫁と子供連れて機材を取りに来ていた。
そこで言い放った彼の一言。
「おめーだぢカップルで弘前城さいぐどわがれるって言い伝えあるがらせいぜいきいつけれよ」
あの垂れ目で無表情の赤ら顔が言い放った心無い一言だった。
画像はこの日発売された頭蓋骨陥没楽団3rdアルバム「暴走パンティー」のジャケ。
右下ドラム秋元氏、左下現職白タクチンピラベーシストのトム、左上新入りギタリスト、右上は近所の老人ホームで捕まえた本物の入居者…と言う事で川へ投身自殺をはかった赤ら顔のボーカルの画像はありません。
いつかのバイブスに去年青森で行われたバイブスミーティングに参加した愛車のハーレーと疾走する笑顔の秋元氏が掲載されていました。
NEC_0099.jpg
スポンサーサイト
  1. 2008/03/13(木) 12:22:19|
  2. livelepo
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<悪夢に立ち向かう漢 | ホーム | 火入れの儀>>

コメント

逃した遠征は大きい。

校長!ウィ○ニー使って一番星ブルース
を青森まで配信した
スパイキーサカモト&スパイキーケント&MOZZ
の連絡網の凄さが書かれてないっすよお!!
大変だったんすからああ...
今年はご一緒に行きたいっす。切な願いっす

  1. 2008/03/14(金) 01:05:06 |
  2. URL |
  3. スパイキー サカモト #-
  4. [ 編集]

そんな大変な事態だったんだね

もういちど生演奏の1番星ブルース聞きたくなった(苦笑)
  1. 2008/03/14(金) 04:33:39 |
  2. URL |
  3. ara #-
  4. [ 編集]

あれもこれも生はいいよね♪

一番星はラテックスに包む位が丁度いい。

>スパイキー サカモト
その節は大変御迷惑をおかけいたしました。
陰の立役者をすっかり忘れてた。
今年かどーかは別として今度は一緒に遠征行こうぜ☆

>ara
無きゃ無い也にSE流すの諦めりゃいいんだけどね。
UFOCLUBでのユースケ君みたいに(爆)!
  1. 2008/03/14(金) 12:58:39 |
  2. URL |
  3. dirty-g #SFo5/nok
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dirtyfile.blog79.fc2.com/tb.php/104-cc87b9e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

DIRTY●GUITAR

Author:DIRTY●GUITAR
ダーティーヌンチャク気違いギターボルテージ、ダーティーギター様による衝撃の暴言活劇「雑音怪人ファイル」。
彼を取り巻く様々な人間模様とロックンロールの彼方に迫る大スペクタクルロマン。
立ち上がれ日本人よ!
我がダーティーヌンチャクと共に…

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。