■■雑音怪人ファイル■■

>>>NOIZE MONSTERS FILE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

メイド イン イングランド

メイドカフェもとうとう海を渡ってイングランドへ。
じゃなくてイングランドから生まれたのバイクにまつわる素晴らしきファッション文化の話。
ダビダやオーウェン等のヘルメット。
スタジアムやハルシオンのゴーグルとホワイトストール。
ルイスレザーやベルスタッフ、マスコットにTTレザー、ウルフレザー等ロンジャンと呼ばれるライダースジャケット。
ルイスやワディントンのグローブ。
ゴールドトップにフランクトーマス等のライディングブーツとホワイトソックス。
それらを身に付けバイクに跨るイギリス不良少年。
スクリーンに映し出されるマーロンブランドやジェームスディーンのトライアンフに跨る姿を見た彼らのアメリカに対する憧れと勘違いの仕方は天才的だった。
スタッズにワッペン、ピンズを大量に打ち付けたデコレートライダースを着込み、トライアンフやノートン、BSA等をベースにレーサーカスタムを施したカフェレーサーに跨るロッカーズ。
ロックンロールへの勝手な妄想は大暴走。
そんなバイカーはアメリカにはいなかった。
やがてアメリカでの二輪売上の上位をトライアンフが占めようとしていたその矢先、政府は英国車を輸入禁止という形で市場のシャットアウトをした。
その結果、ハーレーダビッドソンがアメリカを中心に世界へ広がりバイク界の王座へ君臨。
ジェッペルにキャッツアイ、バンソンやショットのライダース、ベルボトムとレッドウィングのエンジニアブーツ、駄目押しにイージーライダーなるヒッピー文化を味方につけた糞映画が世界を征服した。
そんな事などお構い無しのイギリス本土ではビートルズの登場と同時にマッシュルームへアーとタイトスーツ、ベスパやランブレッタ等のスクーターに跨ったモッズファッションが大流行。
やがてお洒落なモッズとポマード臭いロッカーズは大対立。
時代の移り変わりと共に減少気味だったロッカーズはモッズに敗退。
さらば愛しのロックンロール、さらば青春の光。
それでも生き残った残党ロッカーズはしぶとく着実に数を増やし続け廃業した聖地エースカフェまで復活させてしまった。
そんな数々の困難を乗り越えてロッカーズファッションとカフェレーサーはイギリス独自の文化となり時代を超えて今に伝わる。
二輪の改造に関して法律の厳しかった日本でもバイクカスタムの兆しが見え始めた頃、ヤマハSRやカワサキW1、ホンダGB等を中心としたカフェカスタムが大流行した。
それから時代は移り変わり平成19年秋。
俺は1983年製のヤマハSRを手に入れた。
錆びてボロボロの不動車だった。
エンジンカバーにはポンチで彫ったと思われるミミズが這った様な文字でAJSと書いてあった。
気がついた時、大爆笑しながら前オーナーのこのバイクに対する当時の思いを感じていた。
走り続けている今の姿を見せてやれればな。
画像はやっと完成した筆者の愛車。
200805162107000.jpg

ロッカーズとの対立に大勝利を納めたモッズはその後内部分裂。
スキンズなる異端児を生み出した。
やがてサッカー観戦で暴動を起こすフーリガンへ発展。
その精神は日本へも飛び火し、カラオケボックスで大暴れしてモニターやブラウン管にビールをかけ、ジョッキ等を大量に破壊してしまう危険極まりない若者文化を生み出した。
ここ函館にも少年ランブレッタと言う名で暴走破壊行為を日々続けている若者が存在する。
これはその少年ランブレッタとスモークaraの二人をとらえた危険なツーショット画像。
沢田研二もこんな状況を描いてあの唄を書いた訳ではない。
yukkiara.jpg
スポンサーサイト
  1. 2008/05/19(月) 19:53:39|
  2. motorcycle
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<ロックンロールに免許はいらない | ホーム | ヤングソウルダイナマイト>>

コメント

若者たちに訂正願いたい
  1. 2008/05/21(水) 00:17:29 |
  2. URL |
  3. ara #-
  4. [ 編集]

心の18才

二人共フリーフォールで落下した瞬間みたいになってるよね(爆)!
  1. 2008/05/21(水) 09:54:57 |
  2. URL |
  3. dirty-g #SFo5/nok
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dirtyfile.blog79.fc2.com/tb.php/110-2d69b8b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

DIRTY●GUITAR

Author:DIRTY●GUITAR
ダーティーヌンチャク気違いギターボルテージ、ダーティーギター様による衝撃の暴言活劇「雑音怪人ファイル」。
彼を取り巻く様々な人間模様とロックンロールの彼方に迫る大スペクタクルロマン。
立ち上がれ日本人よ!
我がダーティーヌンチャクと共に…

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。