■■雑音怪人ファイル■■

>>>NOIZE MONSTERS FILE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

化け猫の夜

起床は意外に早かった。
近藤邸を出た俺達はジョージ(吉祥寺)で朝マック。
その後、ベース修復の為、楽器屋へ。
なんとか夕方まで応急処置は出来そうだ。
その後ベースヌンチャクはマツキ邸へ、アキラは旧友と再会、俺とワタルはジョージ観光となった。
高層ビルと隣接して古い小路に露店が建ち並ぶ。
雑誌で名前を聞いた事のあるレコード店等を物色しながら、ビールを引っ掛けようとフラフラしていた。
様々な店が建ち並び、どこにしようか迷っている内に移動の時間が来てしまった。
都会の建物と人の多さに圧倒され結局ただ歩きつかれたまま武蔵境へ移動する事になった田舎者の二人。
駅を降りるとそこにはSMOKE溝井氏の姿が。
昔を懐かしみ一人あちこち歩いていたそうだ。
3名で再びSTATTOへ。
会場ではRANGSTEEN、FACEFUL、HOWLINGGUITARのメンバーと再会。
修復を施したベース片手にベースヌンチャク、マツキ、アキラも合流。
SMOKEメンバーも揃った。
これから再び巻き起こる東京ガチンコロックバトル。
2007/2/10 BRICK BAT TRAFFICK!vol、10オープニングは主催のRANGSTEEN。
鼻水ぶっ垂らしながら子供の様な目でジダンダを踏むkoji君。
あの時フライデーで出会わなければここに俺達はいない。
人の出会いが人生を変える。
そんなRANGSTEENとの関係を作ってくれたのは紛れも無くara氏率いるSMOKEWEEKENDERSだった。
水を得た魚って言葉はこう言う時使うんだろ!?
そんなライブだった。
HOWLINGGUITARが始まると同じ頃、俺達は変身をし始めた。
再びここSTATTOに一番星ブルースが流れた。
アキラ、ベースヌンチャクと引き続き最後に入場した俺はステージ手前、膝立ちのまま背中に両腕を広げてポーズをキメタ。
よく解からないがとっさに出てしまったその技のキレを感じつつ、会場のゴミと汚れ具合にちょっとした疑問が過ぎった。
後で聞いた話だがどおやら先程「ゴミの歌」を歌っていたHOWLINGGUITARヒデキが会場にゴミをブチ撒けると言う一石二鳥の荒業を披露した模様。
番格ロックの夕べ~亀田本町番外編の時、koji君が「ヒデキは頭が狂っているから本気で何をしでかすか解からない…」と言っていた事を思い出した。
ゴミに埋もれた臭いステージで修理を終えたベースは調子よく音が出ていた。
昨日スパーリングをこなしたダーティーは難無く最後まで思い切りやり遂げる事が出来た。
ラストのFACEFULでは出演者入り乱れての大フィーバーの中、幕を下ろした。
最高のイベントに笑みを浮かべながら振り返るとそこにはモーターチバ氏の姿があった。
全然気づかずにぶっ転びながら騒いでいた事に少し照れを思い返しながら必殺技の伝授をお願いした。
すると彼はモーターブリッジと言う技について説明をし始めた…解説しよう!
モーターブリッジとは、客席へ背中を向けギター演奏をしたまま後方へ倒れこみ、脳天で着地してブリッジを完成させると言う危険でスリリングかつエキサイティングな、まさにロックンロールの掛け橋なのだ。
チバ氏は旭川在住時、全国ツアーの間、毎回これを繰り返し首をおかしくした経験があると言う。
もう年だから体にこたえると、たった今本人からその技を直々に伝授された。
テツロウが機械の体を手に入れた感動の瞬間だった。
後で聞いたら年は一つ二つしか違わなかったと思う。
この後打ち上げ会場に移動し、その後近藤邸へ移動し、朝起きたらアランチャータへ移動し、その間終始飲み続けた俺はドラえもんのポケットから藍染恭子まで出す奇想天外な空想を思い描き、この三日間分の様々な気持ちを大笑いに代えて、顎が外れそうな状態で成田を後にした。
3人とも言葉には出さずともまた来る事を考えていた。
数日振りに到着した函館空港には雪が降り積もっていた。
函館で活動を続けて知り合った道外バンドやそれを通して知り合った仲間は6年も遡ると結構な数だ。
この日、その中からたくさんの人が駆けつけてくれた。
太ももサディスファクションのタカコちゃん、モーターサイコチバ兄貴、元FEVERCAT’Zマル&シズカ、高橋フムミさん、元デスリンダハフ゛のヒロミちゃん、チーム枯葉ユメコ、アランチャータ近藤さん、カメラマンユースケ、ミック、落日ブラインド敬史、ソフィアのジルさん、スパイキーワタル、マツキ、他。
そして今回の遠征で更にまた、たくさんの仲間が出来た。
打ち上げ会場ではチバ先生からヒーロー学についての講義を引き続き受けた。
ダーティーは函館から生まれた日本が誇るスーパーヒーローだと「自覚」しなければならない。
目覚めの時間がやって来た。
その一部始終をワタルは撮っていた。
いや、6年前から彼は脳裏にしっかり撮り貯めていたのかもしれない。
多分、ロックンロールの歴史はこうやって転がり続けて行くのだろう…brick2.jpg

スポンサーサイト
  1. 2007/11/06(火) 17:17:22|
  2. livelepo
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<歴史は繰り返される | ホーム | 衝撃!ベースヌンチャク大破の瞬間>>

コメント

早く用意してくださいっ!

「入り時間からリーゼント作る時間逆算すると
ギリギリっす!」

「お、おう。ワタルに逆算されちゃったよ(爆)」

俗に言う「リーゼント逆算事件」です。
  1. 2007/11/11(日) 23:56:18 |
  2. URL |
  3. スパイキー サカモト #-
  4. [ 編集]

事件だらけだな(爆)!

ロックは罪な音楽だねぇ。
  1. 2007/11/12(月) 17:45:16 |
  2. URL |
  3. dirty-g #SFo5/nok
  4. [ 編集]

誰も突っ込まないけど

羽田でしょっ!
  1. 2007/11/16(金) 21:10:00 |
  2. URL |
  3. ユギヨジランブレッタ #qbIq4rIg
  4. [ 編集]

羽田か…

るせー(怒)!
  1. 2007/11/22(木) 12:51:23 |
  2. URL |
  3. dirty-g #SFo5/nok
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dirtyfile.blog79.fc2.com/tb.php/94-511ee836
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

DIRTY●GUITAR

Author:DIRTY●GUITAR
ダーティーヌンチャク気違いギターボルテージ、ダーティーギター様による衝撃の暴言活劇「雑音怪人ファイル」。
彼を取り巻く様々な人間模様とロックンロールの彼方に迫る大スペクタクルロマン。
立ち上がれ日本人よ!
我がダーティーヌンチャクと共に…

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。